秋葉原電気街で電子部品専門商社として67年、コネクター・電線・クーリングファン・ケーブル加工、制御部品他、総合電子部品販売卸
電子部品の総合商社富永電気
富永電気株式会社
東京秋葉原・仙台 電子部品総合商社
英語サイトへ
ISO14001認証
取扱商品:太陽光発電装置用パワーコンディショナ
TOP > 取扱商品 > エコ製品 > 太陽光発電装置用パワーコンディショナ(PCS)
企業情報
四つの方針
取扱商品
購買代行
環境対応
リクルート情報
電子部品の総合商社富永電気の強み

七星科学研究所 標準品一覧

山洋電気ファン関連 標準品一覧

三和コネクター研究所 標準品一覧

ヘイコ 標準品一覧

お問合せ窓口はこちら

太陽光発電装置用パワーコンディショナ(PCS)

電気製品や精密機械に使う化学物質のEUにおける規制である、「RoHS指令」が平成18年7月に施行されました。

環境配慮型商品への転換が求められる中、当社もECO商品をラインアップしております。
貴社の拡販に少しでもお役に立てば幸いです。

パワーコンディショナ(PCS)とは

太陽光発電装置で発電されたままの電気では波形や電圧が非常に不安定な状態な為、電気的な調整(コンディショニング)が必要となります。
パワーコンディショナとは、太陽電池で発電した直流電力を効率よく交流電力に変換して整えるためのインバータのことです。

山洋電気製のパワーコンディショナは5kW〜100kWの製品をラインナップに持ち、固定価格買取制度(FIT)の低圧設備から高圧設備、メガソーラーまで、さまざまな発電施設で利用されています。

また、公共施設、工場、倉庫などや、災害時に非常用電力として必要な避難場所(指定された学校や施設)向けに高いシェアを誇っております。

FIT法の改正により未稼働システムの取得済み認定が失効する恐れがあります。

産業用太陽光発電システム向け各種パワーコンディショナ(PCS)

5kW/5.5kW太陽光発電用パワーコンディショナ : SANUPS P61B

・低圧案件向け単相パワーコンディショナ(PCS)
・固定価格買取制度太陽光発電システム向けベストセラーPCS
・在庫対応により最短2日後出荷

sanups P61B

停電時にも使用できる自立運転機能付

太陽電池で発生した直流電力をDC-DCコンバータで昇圧し、インバータで商用周波の交流に変換するトランスレス方式のパワーコンディショナ。
商用周波絶縁方式よりも装置が小さく、省スペースで、高周波絶縁方式よりも比較的低コストです。

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET)認証
登録番号:MP-0040 (5.0 kW タイプの場合)
登録番号:MP-0067 (5.5 kW タイプの場合)

SANUPS P61Bの特徴

太陽光発電用パワーコンディショナ:山洋P61B
変換効率95%
停電時にも使用できる自立運転機能付

商用電源が停電しても、太陽光発電システムが発電していれば,自立用負荷に給電ができます。

接続箱機能を内蔵

4回路の太陽光パネル入力を直接接続できます。

最大電力点追従制御(MPPT)回路を2回路搭載

太陽電池を2系統接続している場合に、それぞれの日射条件や電圧が異なっても系統ごとに最適な制御ができます。
系統ごとにパネルの数をそろえる必要がないため、さまざまなシステム構成に適応できます。

10年間の機器保証制度(有償)

通常の機器保証1年間から、有償により10年間へ延長することができます。保証条件は山洋電気規定に基づきます。

保護等級IP65

防水・防塵性能に優れており、保護等級はIP65です。
屋外でも安心して設置できます。(シェルタは不要です)
産業用太陽光発電システム向けPCS

防塵性・・・粉塵が内部に侵入しない
防水性・・・いかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響を受けない

 P61B502SJP61B552SJ備考
定格出力容量系統連系運転時5.0kW5.5kW 
自立運転時2.5kW 
絶縁方式絶縁トランスなしトランスレス方式
直流入力定格電圧DC 280V 
入力電圧範囲DC 0 〜 450V 
入力運転電圧範囲DC 60 〜 450V起動電圧DC 80V
定格出力範囲DC 150 〜 400VDC 200 〜 400V
接続箱機能入力回路数4回路(一括入力も可能) 
MPPT 回路数/モード2回路/一括モード、2系統独立モード 
最大電流容量総合/ MPPT 回路35A / 18A32A / 16A 
接続箱機能入力9A9.5A 
交流出力相数・線数単相3線 
定格電圧系統連系運転時AC 202V 
自立運転時AC 101V単相2線
定格周波数50Hz / 60Hz 
交流出力電流ひずみ率総合電流5%以下、各次調波3%以下定格出力電流比
出力力率0.95 以上系統連系運転・定格出力時
効率95%(接続箱機能除く)JIS C 8961 に基づく効率測定方法
通信方法有線:RS-485、無線:IEEE802.15.4 
冷却システム自然空冷 
連係保護過電圧(OVR)、不足電圧(UVR)、周波数上昇(OFR)、周波数低下(UFR) 
単独運転検出受動的方式電圧位相跳躍検出方式 
能動的方式ステップ注入付周波数フィードバック方式 
複数台連動機能あり 
本体操作部あり 
騒音28dB 以下A特性 正面1m
使用周囲温度(パワコン本体)−20 〜 +60℃温度による出力抑制あり
保護等級IP65 

パワーコンディショナ設定時にLCD パネルが必要です。オプションから選んでご購入ください。
出力制御機能を必要とする場合は、お問い合わせください。

sanupsP61Bのカタログへ

9.9kW/10kW太陽光発電用パワーコンディショナ : SANUPS P73J

・低圧案件向け三相パワーコンディショナ(PCS)
・固定価格買取制度太陽光発電システム向けベストセラーPCS
・短納期対応商品

sanups P73J

高周波絶縁方式パワーコンディショナー

太陽電池で発生した直流電力を高周波の交流に変換した後、小型の高周波変圧器で絶縁をとって、その後一度直流に変換し、再び交流に変換する方式です。
商用周波絶縁方式よりも装置が小さく、省スペースです。

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET)認証
登録番号:P-0239(9.9kW タイプ) 登録番号:P-0242(10kW タイプ)

SANUPS P73Jの特徴

太陽光発電用パワーコンディショナ:山洋P73J
変換効率93%
FRT要件に適応

三相の系統連系運転に必要となるFRT要件に適応しています。FRT: Fault Ride Through

力率変更機能

出力力率を0.8 〜 1.0の範囲で、0.01ステップで設定できます(お客さまが操作パネルで変更できます)。力率の変更により、電圧上昇の抑制が容易にできますので、設備の大幅な強化が必要ありません。

同一連系点に3システムまで接続

能動的方式の無効電力同期信号の同期配線が3台並列まで不要です。3システムを1つの電柱に接続できます。
※接続の可否は電力協議によります。

10年間の機器保証制度(有償)

通常の機器保証1年間から、有償により10年間へ延長することができます。保証条件は当社規定に基づきます。

保護等級IP65

防水・防塵性能に優れており、保護等級はIP65です。
屋外でも安心して設置できます。(シェルタは不要です)
産業用太陽光発電システム向けPCS

防塵性・・・粉塵が内部に侵入しない
防水性・・・いかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響を受けない

系統連系タイプ備考
P73J992RJP73J103RF
出力容量9.9kW10kW 
主回路方式自励式電圧形 
スイッチング方式高周波PWM 
絶縁方式高周波絶縁方式 
冷却方式強制空冷 
系統連系運転直流入力定格電圧DC400V 
最大許容入力電圧DC570V 
入力運転電圧範囲DC150 〜 570V定格出力範囲 DC250 〜 540V
最大出力追従制御範囲DC190 〜 540V 
入力回路数7回路(MAX 11A/回路)
1回路(一括入力の場合)
一括入力の場合は,外部に接続箱が必要です
交流出力相数・線数三相3線 
定格電圧AC202 V 
定格周波数50Hz / 60Hz 
定格出力電流AC 28.3AAC 28.6A 
交流出力電流ひずみ率総合電流5%以下、各次調波3%以下定格出力電流比
出力力率0.95 以上定格出力時、力率1.0設定の場合
力率設定範囲:0.8 〜 1.0(0.01ステップ)
効率93%(接続箱機能除く)JIS C 8961に基づく効率測定方法
連系保護過電圧(OVR)、不足電圧(UVR)、周波数上昇(OFR)、周波数低下(UFR)OVGRは外付けとし無電圧b接点入力を標準とする
単独運転検出受動的方式電圧位相跳躍検出 
能動的方式無効電力変動方式※ 
通信方法RS-485 
騒音50dB 以下A特性 正面1m
使用環境周囲温度−25 〜+60°C40°Cを超える場合は出力制限にて運転
相対湿度90%以下(結露しないこと) 
標高2000m 以下 
塗装色マンセル5Y7/1(半ツヤ) 
発生熱量688W695kW 
トランスデューサ機能あり日射計用,気温計用
質量64kg 

注:本パワーコンディショナを多数台・集中設置する場合は、お問い合わせください。

sanupsP73Jのカタログへ

10kW太陽光発電用パワーコンディショナ : SANUPS P73H

・高圧案件向け三相パワーコンディショナ(PCS)
・固定価格買取制度太陽光発電システム向けベストセラーPCS
・短納期対応商品

sanups P73H

山洋電気製太陽光発電システム用パワーコンディショナのラインアップは、10kW〜100kWですが、この製品により変換効率のアップと保護等級IP65が実現しています。

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET)認証
登録番号:P-0162

系統連系専用機 10kW

SANUPS P73Hの特徴

太陽光発電用パワーコンディショナ:山洋P73H
変換効率94.5%

変換効率94.5%を達成しました。
※JIS C8961に基づき測定。定格入出力時。接続箱機能を除く。

広い入力電圧範囲

入力電圧範囲はDC150〜600Vで、さまざまな太陽電池に使用できます。

保護等級IP65

防水・防塵性能に優れており、保護等級はIP65です。
屋外でも安心して設置できます。(シェルタは不要です)
産業用太陽光発電システム向けPCS

防塵性・・・粉塵が内部に侵入しない
防水性・・・いかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響を受けない

型名:P73H103RJ備考
定格出力10kW
方式主回路方式自励式電圧形
スイッチング方式高周波PWM
絶縁方式絶縁トランスなしトランスレス方式
直流入力定格電圧DC400V
最大許容入力電圧DC600V
入力運転電圧範囲DC150〜DC600V定格出力範囲DC280〜550V
最大出力追従制御範囲DC150〜DC550V
入力回路数7回路(MAX10A/回路)
1回路(一括入力の場合)
一括入力の場合は、
外部に接続箱が必要です
交流出力総数・線数三相3線S相接地
定格電圧AC202V
定格周波数50または60Hz
定格出力電流AC28.6A
交流出力電流ひづみ率総合電流5%以下
各次調波3%以下
定格出力電流比
出力力率0.95以上定格出力時
効率94.5%(接続箱機能除く)JIS C 8961に基づく効率測定方法
連係保護過電圧(OVR)
不足電圧(UVR)
周波数上昇(OFR)
周波数低下(UFR)
OVGRは外付けとし
無電圧b接点入力とする
単独運転検出受動的方式電圧位相跳躍検出
能動的方式無効電力変動方式 (注
通信方式RS-485
騒音50dB以下A特性 正面1m
使用環境周囲温度-25〜60℃40℃を超える場合は出力制限にて運転
相対温度90%以下(結露しないこと)
標高2000m以下
塗装色マンセル5Y7/1(半ツヤ)
発生熱量550W
トランスデューサ機あり日射計用、気温計用

注:本パワーコンディショナを多数台・集中設置する場合は、お問い合わせください。

sanupsP73Eのカタログへ

変換効率95%、100kWパワーコンディショナ : SANUPS P83E

・高圧案件向け三相パワーコンディショナ(PCS)
・固定価格買取制度太陽光発電システム向けベストセラーPCS
・短納期対応商品

sanups P83E

広い入力運転電圧範囲で、さまざまな太陽電池に対応できます。
力率変更機能があり、出力力率を0.8〜1.0の範囲で設定できます。

SANUPS P83Eの特徴

太陽光発電用パワーコンディショナ:山洋P83E
変換効率95%
広い入力電圧範囲

入力電圧範囲はDC240〜600Vで、さまざまな太陽電池に使用できます。

停電時にも使用できる自立運転機能付きタイプをラインアップ

自立運転機能付きタイプは、停電が発生しても太陽光発電の電力から給電ができるため、万一の停電時にも非常用設備に電力を供給できます。
※供給できる電力は太陽光の状態によります。

力率変更機能

出力力率を0.8〜1.0の範囲で設定できます(お客様がタッチパネルで変更できます)。力率の変更により、電圧上昇の抑制が容易にできますので、設備の大幅な強化が必要ありません。

台数制御機能

太陽電池の発電量に応じて、自動でパワーコンディショナを最適台数で運転します。(最大5 台)発電量が少ない時にも、高効率な運転ができます。

屋外設置型をラインアップ(系統連系タイプのみ)

防水性能に優れており、遮光板を装備しているため、直射日光の当たる屋外でも安心して設置できます。(保護等級IP44)
産業用太陽光発電システム向けPCS

FRT要件に適応

三相の系統連系運転に必要となるFRT要件に適応しています。
FRT: Fault Ride Through

 P83E104RF
(系統連系タイプ)
P83E104SF
(自立運転機能付きタイプ)
備考
出力容量100kW力率1.0 の場合
方式主回路方式自励式電圧形 
スイッチング方式高周波PWM 
絶縁方式商用周波絶縁方式 
冷却方式強制空冷 
系統連系運転直流入力定格電圧DC 300V 
最大許容入力電圧DC 600V 
入力運転電圧範囲DC 240 〜 600V(定格出力範囲DC 270 〜 550V) 
最大出力追従制御範囲DC 240 〜 550V 
交流出力相数・線数三相3線S相接地
定格電圧AC 202V 
定格周波数50または60Hz 
定格出力電流AC 286A 
交流出力電流ひずみ率総合電流5%以下、各次調波3%以下定格出力電流比
出力力率0.95以上定格出力時、力率1.0 設定の場合
力率設定範囲:0.8 〜 1.0(0.01ステップ)
効率95%JIS C 8961 に基づく効率測定方法
力率1.0の場合
自立運転直流入力定格電圧-DC 300V 
最大許容入力電圧-DC 600V 
入力運転電圧範囲-DC 240 〜 600V(定格出力範囲DC 270 〜 550V) 
交流出力定格出力-100kVA負荷力率1.0
相数・線数-三相3線オプションの単相出力変圧器盤を使用すると単相出力に変換することができます
定格電圧-AC 202V
電圧精度-定格電圧 ±8%以内 
定格周波数-50または60Hz 
周波数精度-定格周波数 ±0.1Hz以内 
交流出力電流ひずみ率-線形負荷:5%以下 
過負荷耐量-100%連続nbsp;
効率-95% 
連系保護過電圧(OVR)、不足電圧(UVR)、周波数上昇(OFR)、周波数低下(UFR) 
単独運転検出受動的方式電圧位相跳躍検出 
能動的方式無効電力変動方式※ 
通信方法RS-485 
騒音63dB以下装置正面1m A特性
使用環境周囲温度-10 〜 +60℃40°Cを超える場合は出力制限にて運転
相対湿度30 〜 90%(結露しないこと) 
標高2000m 以下 
塗装色マンセル5Y7/1(半ツヤ) 
発生熱量5263 W 

注:本パワーコンディショナを多数台・集中設置する場合は、お問い合わせください。

sanupsP83Eのカタログへ

電力ピークカット機能付パワーコンディショナ : SANUPS P73K

sanups P73K

リチウムイオン蓄電池を組み合わせることで電力のピークカットができる太陽光発電システム用パワーコンディショナ「SANUPS P73K」
太陽光発電と蓄電池を組み合わせることで,需要に合わせて電力を最適に制御します。

SANUPS P73Kの特徴

太陽光発電用パワーコンディショナ:山洋P73K
ピークカット機能(連系自立充電タイプ)

夜間電力をリチウムイオン蓄電池に蓄えておき、昼間にその電力を太陽電池の発電電力と合わせて放電することで、電力需要のピークをカットできます。

自立運転で停電時も電力を供給

停電が発生しても手動で自立運転へ切り替えることで給電ができるため、電気設備で電力を使用できます。
連系自立充電タイプでは、余った太陽光発電電力を蓄電池へ充電することができます。

10kW 〜 60kWのシステム構成

10kWのユニットを積み上げる構造ですので、60kWまでのシステムを省スペースに構築できます。

力率変更機能

出力力率を0.8 〜 1.0の範囲で、0.01ステップで設定できます(お客さまが操作パネルで変更できます)。
力率の変更により、電圧上昇の抑制が容易にできますので、設備の大幅な強化が必要ありません。

出力制御システムの構築

オプションの「SANUPS PV Monitor」または「SANUPS NET」を使用することで、出力制御システム※を構築できます。

※出力制御機能付きパワーコンディショナのシステムが、電力会社が提示する出力制御スケジュール情報を取得し、そのスケジュールに応じて発電電力を制御する仕組み。

連系自立充電タイプ
 P73K103PP73K203PP73K303PP73K403PP73K503PP73K603P
定格出力容量10kW20kW30kW40kW50kW60kW
主回路方式自励式電圧型
スイッチング方式高周波PWM
絶縁方式太陽電池入力高周波絶縁方式
蓄電池入力非絶縁方式
冷却方式強制空冷
太陽電池入力定格電圧DC 400V
最大許容入力電圧DC 570V
入力運転電圧範囲DC 150 〜 570V(定格出力範囲 DC 250 〜 540V)
最大出力追従制御範囲最大出力追従制御範囲DC 190 〜 540V
蓄電池入出力変動範囲DC 200 〜 400V
最大充放電電力※110kW×1回路10kW×2回路10kW×3回路10kW×4回路10kW×5回路10kW×6回路
充電電圧出荷時設定:DC 296V 調整範囲:DC 200 〜 400V(1V刻み)
連系出力定格電圧AC 202V
定格出力電流AC 28.6AAC 57.2AAC 85.7AAC 114.3AAC 142.9AAC 171.5A
定格周波数50Hz / 60Hz
相数・線数三相3線
出力電流ひずみ率総合電流5%以下、各次調波3%以下
出力力率0.95以上
(定格出力時、力率1.0設定の場合)力率設定範囲:0.8 〜 1.0(0.01ステップ)
自立出力定格出力10kVA(負荷力率1.0)
相数・線数三相3線
(オプションのスコットトランス盤を使用すると単相出力に変換することができます。)
定格電圧AC 202V
電圧精度定格電圧 ±5%
定格周波数50Hz / 60Hz
周波数精度定格周波数 ±0.1Hz以内
出力電圧ひずみ率線形負荷5%以下
過負荷耐量100%連続
効率93% (連系運転モード、JIS C 8961 に基づく効率測定方法)
連系保護過電圧(OVR)、不足電圧(UVR)、周波数上昇(OFR)、周波数低下(UFR)
単独運転検出受動的方式電圧位相跳躍検出
能動的方式無効電力変動方式※2
通信方法RS-485
使用環境周囲温度-10 〜+40℃
相対湿度30 〜 90%以下(結露しないこと)
標高1000m 以下
塗装色マンセル5Y7/1(半ツヤ)
発生熱量1100W2200W3300W4400W5500W6600W
受電電力計測機能あり 4 - 20mA
発生熱量185kg285kg385kg570kg695kg770kg

※1:最大電流 DC 45 A
※2:本パワーコンディショナを多数台・集中設置する場合は、当社に問い合わせください。

sanupsP73Kのカタログへ

連系自立タイプ
 P73K103SP73K203SP73K303SP73K403SP73K503SP73K603S
定格出力容量10kW20kW30kW40kW50kW60kW
主回路方式自励式電圧型
スイッチング方式高周波PWM
絶縁方式太陽電池入力高周波絶縁方式
冷却方式強制空冷
太陽電池入力定格電圧DC 400V
最大許容入力電圧DC 570V
入力運転電圧範囲DC 150 〜 570V(定格出力範囲 DC 250 〜 540V)
最大出力追従制御範囲最大出力追従制御範囲DC 190 〜 540V
連系出力定格電圧AC 202V
定格出力電流AC 28.6AAC 57.2AAC 85.7AAC 114.3AAC 142.9AAC 171.5A
定格周波数50Hz / 60Hz
相数・線数三相3線
出力電流ひずみ率総合電流5%以下、各次調波3%以下
出力力率0.95以上
(定格出力時、力率1.0設定の場合)力率設定範囲:0.8 〜 1.0(0.01ステップ)
自立出力定格出力10kVA(負荷力率1.0)
相数・線数三相3線
(オプションのスコットトランス盤を使用すると単相出力に変換することができます。)
定格電圧AC 202V
電圧精度定格電圧 ±5%
定格周波数50Hz / 60Hz
周波数精度定格周波数 ±0.1Hz以内
出力電圧ひずみ率線形負荷5%以下
過負荷耐量100%連続
効率93% (連系運転モード、JIS C 8961 に基づく効率測定方法)
連系保護過電圧(OVR)、不足電圧(UVR)、周波数上昇(OFR)、周波数低下(UFR)
単独運転検出受動的方式電圧位相跳躍検出
能動的方式無効電力変動方式※2
通信方法RS-485
使用環境周囲温度-25 〜 +60℃(40°Cを超える場合は出力制限にて運転)
相対湿度30 〜 90%以下(結露しないこと)
標高2000m 以下
塗装色マンセル5Y7/1(半ツヤ)
発生熱量760W1520W2280W3040W3800W4560W
受電電力計測機能なし
発生熱量140kg215kg290kg430kg530kg580kg

※1:最大電流 DC 45 A
※2:本パワーコンディショナを多数台・集中設置する場合は、当社に問い合わせください。

sanupsP73Kのカタログへ

安定した電力を供給するパワーコンディショナ : SANUPS P73E

sanups P73E

太陽電池により発電された直流電力を交流電力に変換し、安定した電力を供給するための装置です。

屋内用系統連系専用機 10kW〜60kW

山洋電気太陽光発電用パワーコンディショナ SANUPS P73Eの特徴

太陽光発電用パワーコンディショナ:山洋P73E
小型で軽量

小型(従来比体積25%削減)
軽量(従来比質量32%減)です

少ない投資で設置

必要な容量のシステム構築が出来ます
据付工事費の低減が出来ます

変換効率92%

(10kWユニット)

JET(電気安全環境研究所)の認証品

10kWユニット(型番:P73E103KJ)
登録番号:P-0097

型名:P73E103KJ備考
定格出力10kW
方式主回路方式自励式電圧形
スイッチング方式高周波PWM
絶縁方式絶縁トランスなしトランスレス方式
直流入力定格電圧DC300V
最大許容入力電圧DC500V
入力運転電圧範囲DC200〜DC500V定格出力範囲DC280〜450V
最大出力追従制御範囲DC200〜DC450V
交流出力総数・線数三相3線 S相接地
定格電圧AC202V
定格周波数50または60Hz
定格出力電流AC28.6A
交流出力電流ひづみ率総合電流5%以下
各次調波3%以下
定格出力電流比
出力力率0.95以上定格出力時
効率92%JISC8961に基づく効率測定方法
連係保護過電圧(OVR)
不足電圧(UVR)
周波数上昇(OFR)
周波数低下(UFR)
OVGRは外付けとし
無電圧b接点入力とする
単独運転検出受動的方式電圧位相跳躍検出
能動的方式無効電力変動方式 (注
通信方式RS-485
使用環境周囲温度-10〜40℃(〜50℃)40〜50℃の間は出力制限にて運転可能
相対温度30〜90%
標高2000m以下
塗装色マンセル5Y7/1(半ツヤ)
騒音50dB以下A特性 正面1m
発生熱量870W
設置場所屋内

注:複数の10kWユニットを集中設置する場合はご相談下さい。

sanupsP73Eのカタログへ

設置イメージ

屋外型システム
屋外型システム

太陽電池モジュールの架台に取り付け一体化することによりスペースを有効活用することが出来ます。壁掛け型10kWユニットを標準として複数増設することで負荷に応じた規模のシステム構築が出来ます。

屋内型システム
屋外型システム

公共施設から工場、倉庫など柔軟に対応できます。10kWならびに100kWユニットを標準として、複数の増設をすることで負荷に応じた規模のシステムが構築できます。

防災型システム
屋外型システム

災害時に非常用電力を必要とする施設、避難場所として使用される学校などに最適です。屋内型100kwユニットを標準として自立運転機能・蓄電池充電機能を追加したシステムです。

取り扱い商品やお取引に関するお問い合わせは、お問合せページからご連絡いただくか、内容により下記までお問合せ下さい。
商品購入をお急ぎの場合
福永電業(通販サイト) TEL:03-3251-0445 FAX:03-3251-8523
e-mail:fukunaga@electronicparts.jp
継続的なお取引をご希望の場合
営業部 TEL:03-3255-4320 FAX:03-3255-5034
e-mail:sales@tominagadk.co.jp
海外(中国、台湾)現地での直接のお取引をご希望の場合
弊社各海外パートナー
主な取扱メーカー・商品

コネクター

電線・ケーブル

ファン・モーター

スイッチ

トランス・その他

エコ製品

取扱メーカー一覧へ取扱メーカー一覧

電子部品通販小売
電子部品通販小売
↑このページの先頭へ
TOP企業情報取扱商品購買代行環境対応お問合せ
利用規約サイトマッププライバシーポリシー
秋葉原電気街で67年 copyright© tominaga electric co.,ltd all rights reserved 電子部品総合商社富永電気