秋葉原電気街で電子部品専門商社として67年、コネクター・電線・クーリングファン・ケーブル加工、制御部品他、総合電子部品販売卸
電子部品の総合商社富永電気
富永電気株式会社
東京秋葉原・仙台 電子部品総合商社
英語サイトへ
ISO14001認証
富永電気:環境対応
TOP > 環境対応 > RoHS指令への対応
企業情報
四つの方針
取扱商品
購買代行
環境対応
リクルート情報
電子部品の総合商社富永電気の強み

七星科学研究所 標準品一覧

山洋電気ファン関連 標準品一覧

三和コネクター研究所 標準品一覧

ヘイコ 標準品一覧

お問合せ窓口はこちら

RoHS指令への対応

RoHS指令の概要とRoHS指令への対応方針

RoHS指令の概要

環境問題が重要な課題と認識されるなか、EUにおいて流通するコンピュータや通信機器、家電製品などに対する、有害な化学物質の使用を制限する指令が、 2003年に発出されました。この指令は、Restriction of Hazardous Substances(有害物質制限)から、RoHS指令と呼ばれます。

これは、環境破壊や人の健康に対する害を及ぼす危険を最小化することを目的とし、特定の有害化学物質の使用を制限するもので、欧州連合(EU)15カ国で 2003年2月13日に発効、2006年7月にEU加盟国(2004年7月時点では25カ国)が施行することになります。

具体的には、

という目的をもち、規制の対象となる有害化学物質は、鉛、六価クロム、水銀、カドミウム、及びPBB(ポリ臭化ビフェニール)とPBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)という2種類の臭素系難燃剤の計6物質となります。

また、その対象範囲は、

の8項目にわたり、そのうち2006年7月1日以降に新たにEU圏内で流通するもの すべてが対象となります。

RoHS指令への対応方針

RoHS指令はEU内での規制であり、日本や米国に同様の規制はまだ存在しません。しかし、2001年に日本製のゲーム機からカドミウムが検出され、オランダの化学物質規制法の規制を受け、製品が通関できなくなるといった事態も発生しており、対象範囲が上記のようにほとんどの電気・電子製品に及ぶこと、また、日本のメーカーの多くが欧州で製品を販売していることを勘案すれば、製品をRoHS指令に準拠させる必要に迫られているのが現状です。

この状況において、すでに多くの日本の製造メーカーがRoHS指令の対応に取り組んでいる状況にありますが、そこで使用される部品や材料を供給する側の責任として、また、環境問題に取り組む企業として、弊社としてもRoHS指令に対応した部品メーカー及び部品について、eco製品も含め、積極的に提案・紹介していきたいと考えております。

主な取扱メーカー・商品

コネクター

電線・ケーブル

ファン・モーター

スイッチ

トランス・その他

エコ製品

取扱メーカー一覧へ取扱メーカー一覧

電子部品通販小売
電子部品通販小売
↑このページの先頭へ
TOP企業情報取扱商品購買代行環境対応お問合せ
利用規約サイトマッププライバシーポリシー
秋葉原電気街で67年 copyright© tominaga electric co.,ltd all rights reserved 電子部品総合商社富永電気